スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前アミー漁は鯛エナで相当稼げた

toアミー漁の前のバージョンでは、ハイエナが今よりもすごく簡単に出来た。

そのため、中学生くらいの子が誰かジャックポットチャンスになるとその度、
鯛を取りに来るという光景も休日はけっこう普通なことだった。

他にライバルがいなく、放出期であれば宝箱だけで+100枚なんてこともあったような気がする。もちろん非合法的なメダルの増やし方だけど、それもまたアリだったのかなと最近思っている。

toアミー漁に変わってから減ったものの、鯛エナはきっといると思う。
それに対して怒りを感じる人がいるかもしれないけど、別によいんじゃないかな。

それなりに技術がないと逆に減るし笑
どうしても許せられないのなら、彼らに鯛を取らせれなければいいんですよ。
そう、自分がすべて捕獲しちゃえば。
そうするとけっこう気持ちいいものですよ☆

初代アミー漁知っていますか?

まだメダルゲーム経験が浅い人の中には、「toアミー漁」はしっているけど、
その前作バージョンの「アミー漁」のことを知らないという人が出てくる。
toからやってそれにはまってしまった人なら、
初代バージョンもやってみたいと思うだろう。

しかし残念ながら旧バージョンが稼動しているところは私の知る限り存在しない。
どこのゲームセンターもバージョンアップしてしまっている。

前作は鯛エナがはやった。
そして一部では問題にもなった。

そう、ジャックポットの鯛取りだけ参戦する人がいたんだ。
初代は鯛が簡単に大量に取ることができたので、
それだけで数百枚稼げてしまう。
とてもおいしいね。

だから子供たちはそれを狙ってプレイしないにもかかわらず席を確保し、
他のゲームをプレイし、ジャックポットチャンスになるとやってくる。
ずうずうしい子供だ。

鯛エナは禁止されていないから別にやってもOKだけど、
プレイしないくせに席だけ確保するのはマナーがない行為。
子供だからといって許されることではない。
中にはプレイしたいのにもかかわらず、満席でできない人がいる。
そんな状況で荷物だけ置いてあって誰もプレイしていないサテがあったらどうだろうか。

腹が立つのが普通。
まあ私だったらそんな荷物放り投げてやるが笑

鯛について!

今日はアミー漁の鯛について話します。
鯛は確かにいっぱい獲れば獲るだけメダルは増えます。

しかし、獲りすぎにも注意しましょう。
あまりいっぱい獲りすぎると、パールチャンスが急にハズレやすくなります。

そうなると、せっかくの得たメダルが結局無駄になってしまいます。
いっぱい獲ったら無駄打ちを増やすのも良いかもしれません。

一番良いのは鯛たくさんとってやめること。(ェ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。